×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



F(エフ)(22)

音也は雄馬たちチームのスタッフの「ペースを落とせ」という忠告を無視して走り続ける。
そして彼の頭の中は妄想にとりつかれてゆく。
そのとき軍馬がふいにペースをあげた。
しかし、音也はもはや自分の実力の限界を超えていた。
オールマンの反対を押し切り、予選に出走した軍馬。
そして、予選一日目、二日目とともにコースレコードを出し、ポールポジションを獲得した。
しかし、レースではリタイアしてしまう。
一方その頃、父親である総一郎が失踪していた。
軍馬とタモツの長年の夢だったF1マシンがピットロードを走る。
タイムもそこそこ出て、上出来だと思っていたら、軍馬から「タモッ! てめェにゃガッカリしたぜッ!!」というきびしい一言が。
そして、雄馬を裏切った音也は…!?ひさしぶりに日本へ戻った軍馬は、急遽、鈴鹿の日本GPでF1デビューすることが決まった。
しかし、それを聞いた純子は激しく取り乱す。
純子は軍馬の子供を妊娠していたのだ。
そんな純子が見守るなかレースははじまった。
純子が妊娠していることを聞かされた軍馬は、純子と入籍するため日本に帰ることに。
そして、箱根の走り屋のメッカで、フォーミュラーカーで練習に励む。
その頃、タモツはジーザスから呼び出されレースに出るべきではないと言われる。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022346