×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



日本語のオニあなたの「日本人度」がわかる99問

「耳ざわりのよい」「青田刈り」「集合時間」……どこがおかしいかわかりますか?知らないと恥をかく常識、自称「日本語のオニ」も青ざめる難問奇問など、日本人必読の言葉パズル! 本編・欄外パズル、すべて含めると200問以上、加えて6章のことばエッセイ、じっくりと楽しんでほしい。
といっても、解いていくうちに、鬼が出るか□が出るか、前途は多難かも……。
私が提供する難問奇問を、快刀乱麻を断つように解いたとき、逆に、解いたつもりで答を見て「ウーン」と唸るとき、いずれも良質のミステリーを読んだような満足感に浸れるだろう。
パズルの世界にも、古典があり新作がある。
名作もあれば駄作もある。
この本では、採録の基準を唯一「おもしろさ」にしぼった。
必ずしも新鮮さだけを優先しなかった。
「どこかで見たような……」問題のうちのいくつかには、「どこにも見たことのない」意外な解法・解答が準備されている。
あなたはそれを見抜けるだろうか。
(著者)まんがが描けなくなったまんが家、長暇貧治と新宿でフーテン生活を送る若者達との交流を描く。
昭和30年代の春から夏にかけて、東大中退のインテリフーテン、貧乏ジャズマン、家出人の会社社長など、様々な人達と新宿へ繰り出して行き、そこで起った出来事を通じて、人生の悲哀を描き、人間の生き方について鋭く問いかける。
自ら新宿でフーテン生活を送った経験を持っている、永島慎二が描くフーテン達の人間模様。
春から始まった物語も秋を迎え、終幕へと向かう。
フーテン生活を送っている若者達にスポットライトを当てて、彼らの苦悩と喜びを描き切る。
真剣に漫画家という職業について考え抜いたこの作品には、「生きる」ためのヒントが隠されている。
ある雪の日に起った様々な人間模様を描いた「雪」他、7編を収録。
電子書籍版では、これまで一度も単行本化されなかった、「刑事」(東京トップ社刊)掲載時のオリジナル版を完全復刻!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000666