×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

反町くんには彼女がいない(5)

一冊まるまるミステリー! 不眠症男・摂津(せっつ)に無視されたのは、寂しいまなざしの美少女・律。
彼女を放っておけない同級生の反町たちは、二人の間に決定的な“秘密の過去”があるのではないかと推理するが……。
美少女として生まれ、良家を継がねばならない律を襲った“最悪な記憶”と、摂津と律の未来を縛る“運命”とは何か――。
昔懐かし「鳥井くんゲームブック」も併録された、著者渾身の第5巻。
最終巻になったけど、反町くんに彼女はできた? ――イケメンゆえに周囲の妄想を浴びっぱなしの反町くんと、個性的な同級生たちの“痛くて苦しい”青春群像、ここに完結! 孤独に発熱した男の、サイケな脳内絵図が描写される「アップアンドダウン」や、ユーレイくんが受けた凄絶ないじめが明らかになる「なやみごと」など、リアルな“青さ”が超充実。
気になる冒頭のお答えは……? 最終頁までお楽しみに!事故のおかげ(?)で少しだけ距離の縮まったアメヤとミズ・チャチャとロキ。
そんなある晴れた日、アメヤは行きつけのカフェで、ひょんなことから、ルーシーという若い女性と彼女の猫・カリと出会う。
ルーシーはどこかアメヤに似ていた…。
世に認められようと奮闘しているアーティストであり、愛猫と強い絆で結ばれている。
かなりドジなところもあるけれど、とても魅力的な女性だった。
アメヤは次第にルーシーに心惹かれていく。
そんなアメヤにロキもミズ・チャチャは浮かない感じ…。
気難し屋の猫と片思いのエージェントよ、さあどうする!? そしてアメヤの恋心は…? 待望の第2巻!世は戦争の真っ只中。
大陸は5年前からある東の軍隊に脅かされていた。
国々は次々に降伏。
今では誰もがその征服者の名前を知っている。
嵐の軍団『ゼム・イキム』―。
彼らの圧倒的な力はある特殊兵器が支えていた。
様々な力を操る能力を持った人体戦闘兵器、その名を『イスケル』と呼んだ。
辺境の港町カスカータに住む孤児のラーリンは、ある日フィンという少年と出会う。
彼は風の力を操る若いイスケルだった。
身寄りのない二人の間にやがて不思議な友情が生まれる。
そんな折、カスカータの街に軍団が攻めてきて…2人は壮大な冒険へ巻き込まれていくのだった。
孤独なふたりが体を求め合う理由は何―――? 空虚な自分をかかえて生きるピアニスト・アヤメの部屋に謎の男・あきらが転がり込んできたのは2年前だった。
名前しか知らないふたりは、短い出会いの中で急激に愛し合うが、あきらは突然アヤメの前から姿を消した。
純粋なあきらへの想いのみで自分を支えてきたアヤメがあきらと再会したとき、この愛の行方は―――? 「ピアニストの部屋」他2編を収録!! 続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60019180