×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

書きかえたい過去とは?

.

記事本文


書きかえたい過去

「でも、結婚してくれなかったら困るわ!」ジェマは動揺した。
六日後の誕生日までに結婚しなければ、ジェマに父の遺産は入らない。
なのに、お金を渡して形ばかりの夫になるはずだったマイケルが、やっぱりそんなことはできないと言いだしたのだ。
名門ホテルのオーナーだった父の遺産は、継母のものになってしまう。
だがマイケルが去っていった直後、意外な人物がジェマを訪ねてきた。
十年前にホテルで働いていたイタリア人のアンドレアスだ。
ジェマがさんざん笑いものにしたあげく、仕事も奪った若者……。
今は高級ホテルを世界各国に所有する彼は、ジェマの話を聞き、なぜか彼女を救おうと申し出た――彼の子を産むという条件で。
シチリアへ向かう飛行機の中、チェシーは震えていた。
大丈夫よ、私はもう半年前の私じゃない。
逃げ回るのはやめて、本当の自由を手に入れる。
そのために戻ってきたのだから。
決意を新たに空港に降り立ち、チェシーは迎えの車に乗りこんだ。
だが、後部座席には誰かが座っている。
目を向けなくても誰なのかはわかった。
ロッコ・カステラーニ。
億万長者の人でなし。
そして、結婚式当日にチェシーが捨てた夫だった。
ガブリエラは義理の兄ルーファスに恋をしていた――母がルーファスの父と再婚したその日から。
だが、彼はそんなガブリエラの心を踏みにじり、金目当ての誘惑はやめろと冷たく言い放った。
以来ガブリエラは彼を憎み続けてきた。
六年後、ルーファスの父が亡くなり、意外な遺言が明らかになる。
ガブリエラとルーファスが遺産を相続するためには、二人が夫婦となり、半年間一緒に暮らす必要があるのだ。
憎悪をたぎらせたルーファスのプロポーズに、ガブリエラはイエスと答えるしかなかった。
エリザベスは看護師派遣会社を切り盛りしている。
彼女が送り込んだ六人の在宅看護師が次々と追い返されたため、エリザベス自らギリシアに飛び、彼の屋敷に出向いた。
患者の名はクリスチャン。
ギリシア随一の大物実業家だ。
事故で失明し、歩くこともできない。
だが、医師の話では運動機能も視力も回復が見込めるという。
患者を励ますエリザベスに、彼は言った。
「ぼくは君が賞賛するような英雄ではない。
怪物さ」包帯をむしり取ったクリスチャンの顔には大きな傷跡があった。
エリザベスは息をのんだ。
彼は傷跡さえも美しい……。
ヘイリーの夢は一流のライターになること。
そんな彼女に、またとないチャンスが訪れた。
雑誌の目玉“愛の生活にスパイスを”のコラムを任されたのだ。
張りきる彼女だが、ひとつ問題があった。
そのコラムは、ライターが経験した刺激的なファンタジーを読者に伝えるというスタイルをとっている。
ほとんど男性経験がないヘイリーは“家庭教師”を頼むことにした。
大学時代に憧れたプレイボーイのディラン――思いあまって卒業式の夜、部屋まで押しかけた相手だ。
彼ならあのときの個人授業の続きをしてくれるはずだわ。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022663



Copyright (c) 書きかえたい過去とは?All rights Reserved.