×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北回帰線(6)の解説です

.

記事本文


北回帰線(6)

クレウスの子供を流産してから、気持ちがすれ違ってしまう二人だったが、飛鳥はクレウスの元へ帰り、二人は再び強く結ばれた。
しかし、飛鳥の身体は、子供が出来にくくなってしまう。
そして、飛鳥はミレーヌがクレウスの子供を産んだ事を知ってしまう。
子供が出来ない飛鳥は、再び仕事に励もうと、クレウスが所有するアポロ航空の社長になることを決意する。
ところが、経営が軌道に乗ってきたその矢先、クレウスも乗っているアポロ航空の飛行機が事故に遭ってしまい…!?飛行機事故の後遺症で、子供のようになってしまったクレウス。
嘆き悲しむ飛鳥だったが、それでも彼を愛し、見守り続ける。
飛鳥はクレウスのため、アレックとミレーヌを呼び寄せ、一緒に暮らす。
クレウスが再び飛鳥の愛に応える日は…!?20世紀最高のビッグスター、マリリン・モンロー。
彼女の死は自殺か? それとも…!? なぜ彼女は若くして死ななければならなかったのか…!? 華やかな笑顔の裏に隠された多くの謎…、そして女としてのもろさを桐野夏生と森園みるくのゴールデン・コンビが鋭く描く……!!伝説の女優、マリリン・モンロー。
彼女は類まれなる美しさと魅力を持ちながら、若くして謎の死を遂げる……。
彼女の人生の歯車はどこで違ってしまったのか…!? また、彼女が見ていたものは何だったのか…。
謎と魅力に満ちたマリリン・モンロー、そしてノーマ・ジーンの半生とは…!? ゴールデン・コンビが贈る、ミステリー・ロマン完結編!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007739



Copyright (c) 北回帰線(6)の解説ですAll rights Reserved.